合金鉄事業

ホーム > 製品情報 > 合金鉄事業 > 各種マンガン系合金鉄

製品情報合金鉄事業
マンガン系合金鉄
マンガン系合金鉄の製造工程
環境事業
機能材料事業

製造しているマンガン系合金鉄


マンガン系合金鉄の種類


マンガン系合金鉄は、炭素(C)や珪素(Si)などの含有量によって、数種類ありますが中央電気工業は高炭素フェロマンガンを製造しています。
高炭素フェロマンガン  

マンガン系合金鉄の用途


マンガン系合金鉄は、主として鉄鋼材料に強度や粘りを与えるために添加される副原料です。
通常、0.2重量%から、多いものでは2%程度まで配合されます。
主な用途は、製鋼用マンガン添加剤、製鋼用脱酸剤・脱硫剤、溶接棒用フラックス原料などです。
橋梁   パイプライン  

マンガン系合金鉄の品質・規格


中央電気工業が製造しているマンガン系合金鉄の種類、品質・規格は以下の通りです。


品種 JIS 記号 化学成分(wt%)
Mn C Si P S 備考
高炭素フェロマンガン 1号 FMnH1 73~78 7.3以下 1.2以下 0.40以下 0.02以下  

合金鉄製造用電気炉の外観と模式図


鹿島1号電気炉:49,500KVA、FMnH1製造
鹿島2号電気炉:50,000KVA、SiMn3製造
鹿島1号電気炉:49,500KVA、FMnH1製造 鹿島2号電気炉:50,000KVA、SiMn3製造
合金鉄製造用電気炉
合金鉄製造用電気炉

このページの先頭へ