環境事業

ホーム >事業紹介

事業紹介

環境事業
溶融固化・無害化処理について
溶解固化リサイクルのフロー
エコラロックの活用

事業紹介


環境事業  

中央電気工業は平成7年、民間企業として日本で初めて焼却灰溶融処理業を開始しました。
自治体のゴミ焼却炉から出る焼却灰を、合金鉄電気炉に投入し、高温で溶かして無害でリサイクル可能なエコラロック(徐冷エコスラグ)として回収するプロセスを完成しました。
全国で焼却灰は年間約600万トン発生しますが、多くの自治体で最終処分場が不足しており、処理に困っておられます。 また、産業廃棄物の処理も年々困難になっています。


日本最大級の溶融固化処理能力


これらを背景に、平成13年、鹿島で専用電気炉の建設に着手し、平成14年4月から営業運転を開始いたしました。また、平成14年6月には産業廃棄物の溶融無害化処理も開始いたしました。
現在専用炉2基にて溶融固化処理能力は年間9.5万トンとなりました。
環境事業は恵まれた立地条件の下、日本最大級の能力と豊富な技術・経験を持って実施しております。
産業廃棄物処理業者として情報開示内容にも記載しておりますように、地域社会や企業のご要請に対して、幅広く安全に、安定的にお応えできるものと確信しています。
鹿島工場は、ISO 14001:2004/JIS Q 14001:2004 認証取得工場です。


対象廃棄物


事業内容 主な
受け入れ先
処理物内容
一般・産業および特別管理産業廃棄物の溶融固化、無害化処理等 ・自治体
・公共事業体
・民間企業 他
・焼却灰およびばいじんなど
・がれき類、燃え殻など
・ダイオキシン含有土壌、埋め立て処分場掘り起し土など

 


溶融固化・無害化処理について


溶融固化・無害化処理について 自治体で発生する一般廃棄物焼却灰を引き取り、溶融固化・無害化処理し、路盤材などへリサイクルしています。

溶解固化リサイクルのフロー


溶解固化リサイクルのフロー 電気抵抗加熱による高温溶融・固化でダイオキシンの分解及び重金属の無害化、さらには安定化・減容化を実現しています。

エコラロックの活用


エコラロックの活用 再資源化したエコラロックとして、路盤材、護岸材、透水性景観舗装材などを開発しております。

このページの先頭へ